FXの通貨ペア選択にも有効な各国通貨が持つ特色とは

FXでは、2種類の通貨をペアとして選択し、買値および売値の差益を得ることを目的としているため、はじめに選ぶ通貨ペアの種類というものは取引の上で非常に重要になってきます。
特に親しみのある米ドルやユーロではその特徴が比較的掴みやすく、世の中の情勢と照らし合わせることでおおまかな値動きの予想は立てやすいものの、その他の国の通貨ではなかなか特色を活かしきれないとお悩みのトレーダーの方も多くいらっしゃいます。


そこで、FX取引の要とも言える各国通貨が持つ特色についてみてみましょう。



まず、FX取引でも人気が高いのがやはり米ドルです。

今よりもAll Aboutに関してお困りですか。

国内からでもその値動きが把握しやすく、世界における基軸となる通貨なので、動きが活発なのが面白みといえます。

同じく基軸通貨として人気なユーロも同様、各国の大手銀行がこぞって保有を進めている通貨でもあり、需要と供給のバランスもよく安定性もある通貨です。

続いて、よりトレードの面白さを体感できる人気通貨には、英国ポンドがあります。

値動きが激しいので、チャートチェックに敏感なデイトレーダーにも喜ばれ、スワップポイントも高いハイリスク・ハイリターン通貨であるのが特徴です。同じくハイリターンを期待できる魅力的な通貨として豪ドルが挙げられます。高金利はとても人気ですが、為替の変動が激しく、初心者向きとは言えません。

これらの通貨と同様に、最近注目されつつあるニュージーランドドル、南アフリカランドなどの通貨も、スワップポイントの高さが際立っています。

値動きの激しさに注目しつつ、資源国としての情勢にも目を配りたい通貨です。



また、安定感を重視したいならカナダドル、がおすすめです。為替の変動が少なく、それでいて米国との取引が盛んなので値動きが読みやすい通貨のひとつです。